iPhoneゲームアプリ開発最初の一歩

先日公開させていだいたiPhoneアプリ「てんつく」。小規模なアプリだが、開発の過程では初体験のことも多く、沢山の学びと気づきを会得できた。

このゲームアプリの開発で最も多用したライブラリは、「OpemGL ES」。3D画像を高速表示するために、いわゆる「ぽりごん」を用いた描画機能を提供してくれる素敵ライブラリだ。が、この手のライブラリの利用経験を一切持たない小生は、どの方角に向かって進むべきか分からず開始地点にて独り途方に暮れてしまった。

そんな哀れな小羊を救ってくださったのは、書籍「OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング」【著者:横江宗太(株式会社パンカク)、発行:(株)インプレスジャパン】。この書籍は、「ゲーム開発に特化したOpemGL ESの使い方」を分かりやすく丁寧に紹介してくれるため、「まず何をしたらええねん、、、」とスタート地点でポツネンと立ち尽くし、オイオイと泣き尽くす小生には、まさにうってつけの良書であった。

最初の一歩を踏み出させてくれた著者の横江氏に感謝します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中