iPhoneアプリのローカライズに四苦八苦

ここしばらく、拙著アプリ「てんつく」のEnglish版作成に悪戦苦闘しておりました。なかなか上手く動いてくれへん。。。そんな状況が続きましたが、やっとのことで、何となくそれらしく動いてくれる状態にまで持っていけました。

小生がはまってしまった落とし穴で、一番時間を取られたのは「ファイル名称の間違い」。まことにお恥ずかしいのですが、、、ローカライズ時に多くの場合必要となるであろうファイル「Localizable.strings」「InfoPlist.strings」の名称を誤っておりました。ただただ自分のミスだとは思うのですが、本エントリを記述するにあたり改めてGoogle氏やBing氏に問い合わせてみると、これらのファイルの名称を間違えて(「Localizable.string」や「infoPlist.strings」等)紹介しているページも散見される危険な状況だったりします。

ということで、これらのファイルを作成する際には、「iPhone Dev Center」の該当情報(例えばこのページでしょうか)を探して、そこに記載されている名称をコピペで貼り付けることをオススメいたします。(小生は、特に、「InfoPlist.strings」にヤラれました。「infoPlist.strings」と先頭文字を小文字にしてしまっていたのですが、そうすると、「シミュレータでは上手く動き、実機では動かない」という現象が発生。中途半端に動いてしまっているだけに、原因の特定がツラかった…)

上記以外には、

  • 何か変更を加えた際には、クリーニングした上でビルドしないと、変更が反映されない
  • シミュレータではうまく動いていないが、ダメで元々で、実機で動かしてみると問題なく動いてくれる

といった症状に悩まされたりしました。(残念ながら、後者の挙動になる確たる要因は特定できておりません。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中