Herokuを使ってiPhoneアプリをWebアプリに移植したよ

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! 『俺はiPhoneアプリを作っていると思ったら、いつの間にかHerokuWebアプリをリリースしていた』。 な…何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何をしたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… AndroidだとかWP7だとか、他のスマフォOS向けアプリじゃあねえ。 クラウド&OSSの凄さの片鱗を味わったぜ… ということで、我ながら不思議なことに Dropboxと連携する単語帳 iPhoneアプリ「単語Box」 のWebアプリβ版をリリースしました。

URL : http://flashcard-box.herokuapp.com/

Objective-C++とのお付き合いに少々飽きてきたので、 iPhoneアプリ版での以下の課題を解消するために、 夜な夜な眠い目をこすりながらロクロを回して、Webアプリ版を開発してみました。

  • iPhoneの小さな画面とソフトキーボードでデータを編集するのはしんどい
  • Mac/PCでDropbox上のファイルを、エディタで文字コードと一定の記法を意識して編集するのは、敷居が高い
  • Mac/PCでは、データ編集はできても、学習はできない
  • そもそもiPhoneを持っていなければ利用できない

ご利用に必要なものはDropboxアカウントブラウザのみです。 (iPhoneは不要。併用がオススメではありますが…)。 利用料金も発生しませんので、よろしければ、お気軽にお試しいただけると嬉しいです。

【告知】より安心してご利用いただけるよう、認証方式を更新しました【単語Box】

ご無沙汰しております。かなひらです。

昨年9月以来の投稿でございます。更新が滞っており、申し訳ありません。

本日、単語BoxのVer2.50をiTunesの商品棚に並べていただけましたので、告知をさせていただきます。

前バージョンからの主な差分

  1. より安心してご利用いただけるよう、Dropboxの認証方式を更新しました。
  2. iPhone側に収録できる単語帳の最大数を従来の15個から25個に増やしました。

ユーザの皆さまへのお願い

1の変更により、ユーザの皆さまに、一部作業を実施していただく必要が生じるため、大変申し訳ないのですが、単語Boxをより安心してご利用いただくために必要な措置であることをご了承いただけると幸いです。詳細は、以下のリンクをご参照ください。

【告知】注釈機能を追加しました【単語Box】

仕事と育児の合間に、相変わらずのんびりペースで製作しているiPhoneアプリ「単語Box」ですが、この度「注釈」機能を搭載したVer2.40の承認が通りました。間もなくAppleStoreに公開されると思いますヽ( ´¬`)ノ

「語呂合わせ」や「解説」「メモ」等々、お好みの用途にご利用ください。


語呂合わせ
解説
メモ

About 注釈機能

学習モードにおいて注釈が付けられたカードが出題されると、画面下部の黒い領域に「iマーク」が出現します。

この「iマーク」をタッチすると、クルリンパと「注釈」が表示されます。


注釈無しカード(iマーク無し)


注釈付きカード(iマーク有り)

注釈が表示された状態で画面をタッチすると、注釈は消えます。

注釈のつけ方

カードの「新規作成画面」あるいは「編集画面」に新たに追加された「注釈」欄に記載することで、カードに注釈を付けられます。

Dropbox上のdeck.tsvファイルでは、注釈は左から「3番目」の文字列として扱われます。

【告知】スキップできるようになりました【単語Box】

仕事と育児の合間にノソノソと亀のようなスピードで製作しているiPhoneアプリ「単語Box」ですが、ご要望の多かった「スキップ」機能を搭載したVer2.30の承認が通りました。間もなくAppleStoreに公開されると思いますヽ( ´¬`)ノ

「覚えたので出題させたくないカード」がある場合等にご活用ください。

About スキップ

あるカードをスキップさせたい場合には、該当カードの編集画面を開いて、新しく追加された「Skip」のトグルスイッチを「オン」に切り替えた後、「保存」ボタンをタップしてください。

上記操作により「Skip」が「オン」になったカードは、「単語帳編集画面」で背景が「灰色」に表示されます。

「Skip」が「オン」になったカードは、「通常モード」でも「フォーカスモード」でも出題されなくなります。

ただし、「普段はスキップさせたい」けれども、試験直前の仕上げ段階等では全問出題させたいこともあるでしょう。

そこで、「スキップを有効にする」か否かを「設定」画面で切り替えられるようになっています。

なお、deck.tsvファイルでは、「Skip」が「オン」に設定されたカードは、相当する行の頭に「%」が付与されます。

LionにアップデートしたらFinderが使えなくなった。けど、解決できたよ。

先日、この投稿を書くのにも使用している自宅のiMacをSnowLeopardからLionへアップデートしました。

2006年Lateモデルなので、快適に動いてくれるか自信がない中の、勇気を出してのトライです。

アップデート自体はまぁまぁ時間がかかったものの、無事終了。

新機能の目玉の一つであるLaunchpadの起動にやたら時間がかかり、「やっぱりリソース不足か(ノ_・、)」と泣きそうになったけれど、それは初回起動時だけの話で、以降はそこそこ快適に立ち上がるようになりました。

と、ここまでは比較的順調だったのですが、この投稿のタイトルの通り、「Finderが使えなくなっている」ことに気づいてパニック状態に。泣きそうどころか、嗚咽をもらしての大泣きです。漢泣きです。

現象としては以下のような感じです。(若干記憶が曖昧なので、参考程度にお読みください。)

  • DockのFinderアイコンを左クリックしても、何の反応もない(・・?
  • DockのFinderアイコンを右クリックすると、Finderのウィンドウが存在しているような気配がある
  • MissionControlを起動すると、上で気配を感じたFinderウィンドウが表示される!ヤッタネ!!(゜▽゜v)
  • しかし、表示されたFinderウィンドウをクリックしても、期待とは裏腹にアクティブになってくれない
  • Macを再起動してもこの現象は再発してしまう
  • 別のアカウントでログインすれば、この現象は発生せずにFinderを普通に操作できる
うーん。クマった。クマった。検索してみると、この現象で困っている人は僅かではありますが、他にもいらっしゃるようです。が、残念ながら解決策が見当たりません。
しばらく勇猛果敢に孤軍奮闘、悪戦苦闘を続けたところ、以下の操作で無事解決できました。
  • ドックに入っていたターミナルを起動
  • /Applications/Utilitiesフォルダに入っているActivity Monitor.appを起動
  • Finderを探して、プロセスを終了
  • ドックのFinderアイコンをクリック
  • 無事Finderウィンドウが表示ヽ( ´¬`)ノ
ふー、やれやれ。ドックにターミナルが入っていてよかった(´▽`) と思ったものの、しばらくして気づきました。
折角のLionなのだから、Launchpadから「アクティビティモニター」を起動すればええやん(゚д゚)!
ということで、上記解決方法は、古いパラダイムから脱却できていない哀れな男が取ってしまった方法です。
おそらくは「Launchpadからアクティビティモニターを起動する」方法がナウでヤングなソリューションかと。
小生の環境では、Launchpadのココにアクティビティモニターはありました。
しかし、この現象が発生してしまった原因は未だ分からず。何とも歯切れの悪い事件でありました。

【告知】iPhoneアプリ「単語Box」バージョンアップ

今年の2月末にリリースした、iPhoneでの暗記学習を支援する単語帳アプリ「単語Box」が、この度めでたくメジャーバージョンアップされました (*゜▽゜ノノ゛☆ パチパチパチ

Ver1.xからの大きな差分は単語帳の 「個別」アップロード/ダウンロードが可能になったことです。(今までは「全てアップロード」「全てダウンロード」しかできませんでした 。)

Ver1.x (Old)

Ver2 (☆New☆)

これにより、より自由にiPhone側の単語帳を入れ替えれるようになりました。Dropbox側に単語帳データを沢山置いておけば、学習の幅が広がります(*’ー’*)♪。

また、iPhone側に格納できる単語帳の最大数も「10個」から「15個」に増えました(‘-‘*)。(ただし、3G回線で15個分単語帳を一度にダウンロードするには時間がかかるかもしれないのでご注意ください。)

 単語Boxは無料で公開していますのでお気軽にお試しください。

解説ページへGO

iTunes Store へGO